ふぉれもりさんの思い付き

普通のサラリーマンの仕事で感じたことや、趣味の吹奏楽(特にトロンボーン)や日常で感じたことを書いてます。

後輩Tくんとのお仕事のお話とモチベーション

こんにちは、ふぉれもりです。


最近、後輩のTくんによく話しかける。
理由は、死んだ魚のような眼をしていたからである(笑)


うちの部署、基本的に一人仕事が多いのであまり人に話しかけることが少ない。
後輩に対しては、後輩からいかないと基本的に会話は行われない。
そういう状況なので、よく見渡して元気ない人には話しかけるようにしているのが僕の日課のような習慣のような作業のようなことがある。

そして、今回気になったのがTくんである。
冗談を言いながら、色々なことをお話していて、ふとモチベーションの話になった。


「仕事楽しいか?」とTくんに聞くと、「仕事って、おもしろいもんじゃないですよね?」という回答。

まだ、入社2年目である。
せっかくの伸び盛りの子を、よくこんなモチベーションにしたなと思いながら続いて

「じゃあ、さっさと帰ったらいいやん」と聞くと
「いや、残業代がでるんで」と答えるTくん。


「帰ってやりたいことないんか?」と聞くと
「いやー、金のほうが大事っしょw」と答えるTくん。

 

「ほうか、じゃあ仕事で面白いこと見つけたらええか」と言うと

「いやー、仕事ってそうじゃないでしょ?」と答えるTくん。

 

うん、重症。

これを聞いて思ったのは中途半端が一番もったいないということと、こんなこと思う俺はおじさんになってしまったんだなという現実w

 


ぼくは、やりたいことがたくさんある人なので早く帰りたいと思う。

ただ、若い子や年寄りは残業代が欲しいと思っている。

 

残業代が欲しいと思っている人ほど、早く仕事をすることをしていない。

なんなら、我流のやり方で時間をかける始末だ。

そのせいで、来月の中ごろに日程が破綻しかねないから、残業をもっとするようにと言う本末転倒な命令まで出る。

 

さて話は戻って後輩の話。

僕が最後に伝えたのは「仕事はまず短距離で走れるようにすること。」今回はこれだけにしました。

残業時間を埋めるためにのんびり走ってちゃ一生筋肉はつかないよという指摘。

 

こんな話をそのチームの先輩にしていたら

「最近の子はそういう考えの奴が多い。」と言われたが、そこで感じたのは

 

絶対あんたたちが作った環境のせい

 

最初から犯罪者だった人がいないように、最初からゆっくりやればいいやと思っていた新人もいないと僕は思っている。

周りを見て、先輩の態度を見て、後輩がそう学んでしまった結果だと思うと非常に悲しい。

 

自分のチームに来年度後輩が入ってくるが、その子はこうならないように手助けしてあげたいなと考えます。

 

ではでは、ふぉれもりでした。

すぐやってくれない人ほど困るもんはない

こんにちは、ふぉれもりです。


今日、後輩に仕事を1つ頼んだんだが全くやってもらえないまま帰宅されてしまった。
内容としては、「とある内容を、テンプレに沿って作成して部員全員にメールをしてほしい」という内容。
自分でやってもいいんだが、後輩の手柄を1つ増やしてあげることと、文章のテンプレを教えてあげることで今後も活用できるだろうところからである。


日限は、今日中で依頼。
頼んだタイミングは昼過ぎ。
内容は、テンプレを変更するだけなので20分もあれば終わるだろう。
そう思い自分の仕事に集中していて、気づけば定時前になっており、メールチェックをすると来ていない。

「俺が頼んだ内容だからいれるの忘れたのかな?」と思って聞いてみたら「まだやってません」とのこと。

理由を聞いてみると、「ほかの仕事が急に入ってきて、忙しくてできませんでした。」という返事。
じゃあなんでそれを言うてくれなかったの?と問うと、「いやー今ある仕事で気づいたらこんな時間で・・・」とのこと。
とりあえず、明日でもいいよということで今日は帰らせました。

さて、こういう後輩はどこにでもいると思うのですが、何が問題なんだろうか。

大きく2つあると思っており、

1.できないことを言うまでほったらかしにする
2.言い訳が先行してしまう


1.できないことをいうまでほったらかしにする

これは結構ひどい問題だと僕は思っている。
出来ないかどうかは、本人の裁量によるところがあるからである。

これを受け身にされてしまうと、仕事振った側もわからないし非常に困ってしまうんですよね。

ただね、言いにくい後輩の気持ちもわからないことはないんです。

「出来ないというと怒られてしまう・・・」

「どっちもがんばってできるようにしないと・・・」

怖いですよね、それは怖い上司が悪いんで仕方ないです。

でも、ちゃんと報告しないといけませんし、それで起こる上司なんて器が小さいダメダメ上司なので気にしなくていいですよ。

 

大事なのは、自分の仕事の進捗を把握して先立って報告することです。

出来ないことを責めるのはダメな上司、できないことを報告しないのはダメな後輩。

これだけ気を付けてもらって、なんでできなかったをしっかり考えて今後行かせていけばいいので頑張りましょう。

 

 

2.言い訳が先行してしまう

 

これも困るんですよね。

僕の場合、できないことを怒りたいわけではなくて

 「なんでできなかったのか?」ということを知りたいだけなんです。
 
ここで言い訳をしてしまうと、事実がズレてしまって今後も同様の状況になってしまう可能性がありますし、その後輩が今後うまくいかずに評価されないのもかかわった先輩として気に入らないので絶対に言い訳はやめてほしい。
 
そもそも、言い訳の前に「すみません。」だろうと今回は思ったんですけどね(笑)
 
はじめてやることを失敗することを怒る人はダメです。
そんなことしたら次の行動ができなくなりますからね。
 
 
 
やってみてほしいのは、「行動をさっさとするほうがいろいろ先に進めるよ」ということです。
行動しないと何もわからないですし、もちろん考えてからやるほうがいいけど行動して経験したことに勝るものはないんじゃないかなと思います。
先輩として、失敗しそうになったり失敗した時に助ける準備はしているので、しっかりと報連相をしてしっかりとした社会人になってもらえたらなと思います。
 
それにしても、火曜日休みってめちゃくちゃちょうどいいな。
明日がんばりゃ休みならがんばれそうだ(笑)
 
 
ではでは、ふぉれもりでした。
 

仕事へのモチベーション

こんにちは、ふぉれもりです。

 

仕事へのモチベーションが皆無であった今日。

疲れているわけではなかったし、昨日はリフレッシュできたけど仕事に気が向かなくなってきた。

 

昨日の「○○」はちゃんと言っていたのでいつも以上にやる気はあったのだが・・

 

foremori.hatenadiary.jp

 

 

こういう時は、だいたい仕事がうまくいかないときである。

うまくいかないというのはわからないという問題はほとんどなく

 

・他部署が仕事を決めていない

・チームのほかの人の進捗が遅い

 

など、終わらせたい仕事が終わらないときである。

自分の日限が迫っているときにこの問題が起きると、この仕事を終わらせたいという気持ちと、終わらせれない現実とでもやもやしてしまう。

他の仕事に取り組んでもいいのだが、下手に始めてしまってそっちも中途半端になることも嫌なのである。

そんな中、残業はしないと評価が下がるという状況で

 

「おれは何のためにがんばっているんだ?俺の代わりなんているのに」という虚無感にさいなまれてしまった。

 

こうなるともう気持ちが乗らず、嫁がケガしたと言う報告があったので急いで帰ることになり、こうしてブログを更新している(幸い、大きなけがではなかった)

 

 

明日頑張ろうではなく、今週は今後の仕事のやり方について考え直す時間に充てようかなとも思う。

来月も残業のノルマが法定ぎりぎりまでやれということなので、すでにナーバスになりつつありますが頑張りたいと・・・思います。

 

 

ではでは、ふぉれもりでした。

 

【本の紹介】うまくいかない人は○○と思っていないから?? 『斎藤一人 世界一ものスゴい成功法則』

 

こんにちは、ふぉれもりです。
 
先日読んだ本が、自分が仕事で悩んでいたことの解決につながりそうな内容であったため、皆さんに紹介したいなと思います。
 
具体的には
  • がんばっているけどうまくいかない
  • 自分ってダメなんじゃないか?
  • なんでか空回り
そんな人に、「○○」と思っていないからだよ。
この簡単なことに気づいていなかったのかと思わせてくれた本だったので、当てはまる人はぜひ読んでみてください。
 

うまくいかない人は、○○が足りない

 

まず、最初に結論を書きたいと思います。

うまく人が足りていないこと、それは

『自分はスゴいんだ』

と思うこと。 

 

え?仕事ができるようになるために努力するとか、勉強をしっかりするとかそういったことじゃないの?と思った方、そうなんです。

まず最初に、自分はスゴいんだと思うところからスタートするというのが本書の一番伝えたい内容でありすべてになっています。

 

じゃあ、なぜスゴいと思わないといけないのかというと、それは脳が関係しているそうです。

詳しく書いてみます。 

 

まず、仕事などがうまくいかないときに

「自分はまだまだダメだ」

「どうしておれはうまくいかないんだ」

とスゴくない自分に対して考えてしまい責めることがあるかと思います。

私も外れずそうなんですがね( ^ω^)・・・。

 

そうなったときに、脳みそのセンサーが「スゴくない自分を証明するためにデータを集める」というプログラムが発動してしまうみたいなんです。

 そうなってしまうと、悪循環でスゴくない自分を探すスープというドMの時間が始まってしまうことになるんですって。

 

これを避けるために、まずは「自分はスゴいんだ」と思うことをしないといけないそうです。

 

じゃあ、どうやってそう思うようにするのか

 

これもさすが斎藤一人さん、とっても簡単なやり方でいいと言ってくれます。

それがこちら

『「自分はスゴいんだ」と1日100回いうだけでいいよ』

というシンプルイズベストな回答。

これを21日間続けて習慣にしてねということです。

 

続けたらどうなるのか、それは脳と心が変わってきて少しずつ変化が起きてくるそうで、これについては繰り返しやってみてどうなったかをまた別の記事で書きたいと思います。

 

まとめ

 

・自分はスゴいんだと思わないからうまくいかない

・1日100回「自分はスゴいんだ」と言うだけ

 

こんなシンプルな方法でうまくいくのかは信じてやっていくだけです。

斎藤一人さんの著書は、こんな風にわかりやすくかつ簡単な方法で好転することをたくさん書いてくれていることが多いため、またほかの本も紹介していきたいなと思っています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

ではでは、ふぉれもりでした。

 

毎日更新していて

こんにちは、ふぉれもりです。

10/1から毎日書くことが習慣の1つになっている。
これ自体は悪いことではないのだが、問題は内容が対した内容ではないこと。

昨日も書いたのだが時間をちゃんと取れていないし、文章の学びも足りない。
インプットも足りてなきゃ、上手に書くための努力もしていない。

こうできていないことが見えてくると、自分のことが苦手になってしまい、すべてのモチベーションが下がってしまうという厄介な能力(?)があるので、ちょっと毎日更新というのを目的にするのをやめようかと感じている。


そもそも、自分のために始めたことなのに自分を苦しめていたら意味ないやんけという当たり前のことに気付いた。
ただ、習慣になったことをやめるのは簡単だが戻るのは難しい・・・。


それなら、続けるだけ続けて・・・いや下手な文章をさらすだけならやっていないほうがまし・・・でもないのかなぁ。

ということを考えていてもらちが明かないので紙に書き出した結果


「言い訳を作ってやらない理由を探してるだけ」という結論に。

・自分の文章が下手
・ちゃんとインプットしていない
・努力していない

とかとかいうだけで、それをするのを怠っているだけなのにそれを盾にして(木の盾レベルだが)逃げようとしている自分がよろしくない。

1度ダメなほうを見てしまうとズルズルいってしまうことがあるので、心機一転気持ちを入替えて取り組んでいかねばと思いました。


明日は休みをいただいたので、少し時間をかけてみようかなと思います。

ではでは、ふぉれもりでした。

書きたいことを書いているだけじゃダメなんだよね

こんにちは、ふぉれもりです。

 

今日、全く書くことが出てきません。

いや、出てきてはいるけど今日中にまとめることができないので書くことがないという状況。

 

姪っ子達、姪っ子夫婦、嫁の両親とでお出かけしていろいろ散歩したとかそういうことを書くつもりでいたのですが、ちょっときれいにまとまらず。

 

たぶん、姪っ子達と遊びまくって脳みそが回っていないのが原因なんだろうなとはわかっており、大事な内容なので今日はお疲れ様でしたということで、思ったことを書くだけにします。

 

 

日記のつもりで始めたブログですが、そろそろ人にちゃんと見てもらえるものを提供しないといけないのかなと思うこの頃。

だけどもその勉強の時間が用意できずだらだらとなってしまっているこの頃。

 

なので、今日は短く終わらせてちょっと学習に充てたいと思います。

明日1日頑張れば休みなので、全力疾走したいと思います!

 

ではでは、ふぉれもりでした。

喋り始めた2人目の姪っ子

こんにちは、ふぉれもりです。

 

1人目の姪っ子は順調に成長し、順調におじちゃんである僕と絶妙な距離感で過ごしております。

スマホでなければ、過去のリンク貼ったんだが…)

 

そして、2人目も順調に成長しやっとこさ声を出すようになってきた。

声を出すと言っても「音を出している」というレベルなので、「あーーー」「だーーーー」には変わりないんだが、前まではなんでもない時に声を出していたんだが、最近のは顔を合わせたりとか、人形見たりとか何か相手にして声を出すと言うふうに変化したので、会話を意識し出したんだろうなーと成長を感じてとてもうれしく感じている。

 

抱っこしようとすると逃げるし、「ふぉれもりおじちゃんはねー、きらーーいw」と言う姪っ子1と違い、無条件で抱っこさせてくれるし、顔見たらニコニコしてくれる姪っ子2は可愛すぎる。

そして声出す時に、唾液の関係からか猫がゴロゴロしてるような、鳩がフルッフーって鳴くような音を出してるのがも一つ可愛いwww。

 

もちろんだが、姪っ子1が可愛くないなんて全く思ってなく2人とも超がつくほど可愛いんは間違いない。

それぞれのかわいさがあるけど、いまの姪っ子2はちゃんとした変化を感じるので楽しさの点で僕の興味は大きい。

いや、ほんとに子どもの成長って素晴らしいよね。

何事も全力で、目の前のことに一生懸命で。

この点は見習わないといけないよね。

 

姪っ子ができて、子どものこと好きなのかとかよくわかっていなかった自分が「子どもって可愛い!!!!!」って言うことを知ることができたのはホントに感謝することの1つだとも感じている。

 

いやー、今日も久しぶりに会えて楽しかったし幸せだったなー(まだ遊ぶが)

まだまだたくさんの成長を見て感じていきたいなと思いました。

 

ではでは、ふぉれもりでした。